パチンコ狂いの旦那をどうする?



男の人ってツメが甘いんですよね。 消費者金融のカードを財布に入れっぱなしだったり、明細書が自宅に送られてくるように設定していたり。

もっとツメの甘いバレ方だと、返済できずに滞納して、電話通知が来てバレる。なんてこともあります。 返済できないほどのお金を借りてしまうなんて、本当にバカだなぁって思います。 しかも、それがギャンブルとなればなお更です。

パチンコ、競馬、競艇・・・。ギャンブルで借金をしている旦那様は、珍しくありませんね。 奥様がギャンブルで借金をするという話も聞かれることがありますが、断然数が多いのは旦那様の借金です。

ギャンブルでお金を使い果たしてしまい、「次こそ勝てる!」と何の根拠もなく思い込み、借金をして更に賭ける。

その当たったお金で借金も返せばチャラだと思っているんですよ。 呆れて物も言えませんね こうなってしまう人って、一度大当たりを経験したことがある人がほとんどなんだそうです。

その時の喜びを忘れられず、ひたすらギャンブルに興じてしまうんだとか。 せめてお小遣いの範囲内で遊んで欲しい。 せめて借金していることを隠さないで欲しい。

妻としてはそう思いますが、夫はそうは思わないみたいです。 ギャンブルに負けることも、借金も、カッコ悪いものだって思っていますからね。

実際にカッコいいものではありませんが、妻側からしたら「こそこそ隠れてやっている方がカッコ悪い!」と思いますよね。 それがなかなか通用しないのが男の美学なんだそうです。

家庭の将来のために、強引な手段に出ることも必要

こうした夫への対処法ですが、夫にビシッと物を言える立場の人であれば、夫の持ち物を定期的にチェックしましょう。 また、給料も給料明細と共に全てを一度家に入れてもらって、そこから使う分だけを夫に渡していくというスタイルにするのも効果的です。

自由にお金が使えなくなりますから、お金を借りても返済できなくなってしまいます。 これが抑止力となり、お金を借りることは減っていくはずです。 大前提ですが、消費者金融のカードは解約してハサミで切ってしまいましょう。 夫にハッキリと物が言えない立場の奥様もいらっしゃいますよね。

亭主関白で、口を出すと怒られる・・・ 「誰の稼ぎだと思ってるんだ!」と言われる・・・ 「毎月財布やケイタイをチェックだなんて、プライバシーの侵害だ!」と言われる・・・ そんな関係では、なかなか夫に対して強く出られなくなってしまいます。

しかし、そこで何も言い返さないからこそ、ナメられてしまうのです。 言い返さない限り、ご主人は嘘をついてお金を借り続けるでしょうし、あなたの苦労も終わることはありません。

言葉に出せないなら行動で示すしかありません。 家事を放棄する、夫の趣味の物を売り払って返済に充ててしまう、無視する、などといった方法があります。 これは夫婦関係に支障を来たすかもしれない方法ですので、しり込みしてしまうかもしれません。

けれど、先に嘘をついて借金を繰り返していたのは夫なのですから、そこは強く出ましょう。 ギャンブルでの借金は決して「仕方のない借金」ではありませんからね。 こうした私利私欲のための借金を繰り返すご主人に対しては、こうした手段に出る他ありません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ