夫が勝手に作った借金



めちゃくちゃ腹が立ちますよね。 それと同時に目の前が真っ白になるでしょう。 その気持わかりますよ! その上で、夫が妻に勝手に借金をしていた場合、妻にも返金の義務があるのか。という点について考えていきたいと思います。

「夫婦なのだから当然義務があるに決まっている」と思っていませんか?もしくは金融会社の担当者さんにそう言われて、納得して夫の借金を一生懸命返していませんか?

夫の借金であっても、妻に返済の義務がないことがあります。どのようなときに返金の義務が生し、どのようなときに返済の義務が生じないのかについて説明します。

夫の借金に対する返済義務が生じる条件

【借金の目的が生活のためだった場合】 勤務先の会社の経営状態が悪く、給与や賞与が減ってしまったときに、家族の生活費に充てるために借金をした場合、妻にも借金の返済義務が発生します。これは「日常家事債務」と呼ばれ、日常家事に使った借金は「夫婦の借金」になります。子どもの教育費もこれに含まれます。

「夫婦の借金」は夫婦それぞれに等しく負の財産になります。この場合は夫婦が離婚をしたとしても「財産分与」ということで妻にも返済の義務が発生します。

【妻が保証人もしくは連帯保証人になっていた場合】 保証人や連帯保証人になっている場合は、どんな状況であっても妻にも返済責任が発生します。保証人や連帯保証人は「個人」として保証することを約束したものになります。夫婦が離婚しても、個人として保証しているためこの場合も返済の義務は残ります。

夫の借金に対する返済義務が生じない条件

夫が妻に黙って、ギャンブルや業務の穴埋めなどのために借金をした場合は妻に返済の義務はありません。いくら夫婦といえども、あくまでもこれは「個人」の問題であり、夫婦が力を合わせて返してく、ということにはなりません。

夫が勝手に妻を保証人にしていた場合も同様に返済の義務はありません。金融会社は当然「保証人だから払え」と言ってきますが、身に覚えがないものに関しては「保証人にはなっていない」とはっきり言いましょう。筆跡の鑑定をすれば偽造していることが簡単にわかりますので、金融会社が妻に強く言ってくることはありません。

ただし、金融会社は被害を受けたということで、警察に被害届を出すことがあります。その場合は夫が逮捕される可能性があることも考慮しておく必要があります。金融会社は弱みに付け込むプロですから、「旦那を訴える」などと言葉巧みに妻から返済させようとしてきます。

借金の問題がシンプルなときはよいのですが、上記のように金融会社があの手この手で返済を迫ってくることがあります。そのようなときは1人で悩まずに、まず弁護士さんに相談することをおすすめします。

実際には法律通りの理屈は通じない

法的には、そうであっても、実際のところは、理屈通りにいかない。 お金の問題は特にそういう事が多いです。 結局のところ、理論上は正しくても、実際に払うお金がなければ、どうしようもないっていうことも多いですからね。

  • 借金を抱えたまま夫が死んでしまった
  • 結婚前に作った旦那の借金が見つかった
  • 債務整理しようと思っても、主人が協力してくれない

など不測の事態や、トラブルというのはつきものです。 こういったイレギュラーな事例について、私の分かる範囲で、記事にまとめてありますので、参考にしてください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ