自分と出会う前からあった借金は?



夫が結婚前にしていた借金がまだ完済していない。 そんなとき不安になりますよね。「もしかしてその借金は私にも返済義務があるのだろうか」「夫にもしものことがあったら私が返済していかなければいけないのだろうか」悩みは尽きません。

最近多いのは学生時代に借りた奨学金が返済しきれていないというケースです。 民間の金融機関に比べればすいぶん低金利ですが、4年間、人によっては6年間借りている場合もあるため、元金が高額になります。 卒業後、思ったほど収入がない、病気などで働けていないとなるとそれが重くのしかかってきます。

ただ、安心してください。 結婚前の借金は、基本的に本人の返済義務です。 なので、家庭に影響を及ぼさない範囲で、見守る、協力するという姿勢でいいでしょう。

相続時には返済義務が発生することがある

「基本的に」と書きましたが、絶対に返済義務が発生しないわけではありません。それは夫が死んでしまったときです。夫が死ぬことによって妻は法定相続人になります。そのときに夫の財産を相続するとしたときは夫の借金も相続することになります。

借金が多額で相続することでマイナスにしかならないような場合は相続放棄することも可能です。夫の財産の中に現在住んでいる不動産が含まれているときは非常に悩ましいことになります。不動産を売却するというのもひとつの手ですが、家にはそのまま住みたいけど、借金は引き受けたくない。そんな都合のいい話はありません。財産を相続するときは結婚前に夫が作った借金でも妻は返していく必要があります。

妻が保証人や連帯保証人になっていた場合

結婚前の借金に対して妻が保証人や連帯保証人になっていた場合は、当然妻にも返済義務が発生します。この場合、結婚後に発覚するものではありませんよね。保証人を頼まれたものであってもいずれ妻の負担になることもあるため、夫婦で一緒になって返済していくことが理想です。

もちろん一緒になって返済していくことは義務ではありませんので、妻は万が一に備えて自分で貯蓄していくのもひとつの方法です。どちらを選ぶかは夫婦で話し合って決めておいたほうが後々のトラブルを避けることができます。

妻に返済義務はないが、協力して返済を

結婚前に夫が作った借金は妻に返済義務は発生しませんが、いずれにしても夫は借金を返済していかなければいけません。借金の額によっては収入からそれなりの金額を返していく必要があります。そのため返済金が生活費を圧迫することも考えられます。できることなら夫婦で協力して、短期間で返済できる計画を立てましょう。

借金は返済が遅れれば遅れるほど返済額が増えていきます。返せる範囲で返していたら利子分しか払っていなかったということもありえますので、夫婦でどうにしかして短期返済を目指しましょう。短期返済の方法がわからないときは弁護士さんに相談してみるといいでしょう。効率的な返済の方法など無料で相談に応じてくれることもあるので、ぜひ専門家にアドバイスしてもらいましょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ