返済の義務が発生する条件

夫の借金に対して夫婦に返済能力がないと判断した金融会社が夫の親に「連帯責任だ」と言って返済を迫ることがあります。借金はいかなる理由があろうとも借金をした本人以外に返済の義務は発生しません。金融会社は返済をさせるプロですのであの手この手で返済をさせようとしてきますが、「本人以外に返済の義務はない」ということを覚えておきましょう。

いかなる理由があろうとも本人以外に借金を返す必要はないのですが、保証人や連帯保証人になっている場合は、それは本人と一緒に借りたことになりますので、その場合は返済義務が発生します。

気軽に保証人や連帯保証人になってはいけないというのはこのためです。借りたのは夫だったとしても貸した側の理屈でいれば「夫と一緒に借りた」ことになりますので、夫の借金であっても夫の親が保証人や連帯保証人になっていた場合は、親も借りたことになります。

親の借金を子どもが返済する義務もない

同じように子どもが成人し、社会人として働いている場合、「親の借金だから子どもが払うべきだ」と言ってくる金融会社があります。これも同じ理由で子どもだからといって返済する義務はありません。

ただし親が死亡し財産を相続した場合は、借金も相続したことになりますので子どもにも返済する義務が発生します。返済したくない、返済ができない場合は相続放棄の手続を、親の死を知ってから3ヶ月以内に行ってください。

返済義務はないが扶養義務はある

親でも子でも保証人になっていないかぎり借金の返済義務はありません。ただし夫が借金の返済をすることによって夫婦の生活が生活保護法の最低生活保護基準を下回る場合は、不足分の援助を行う義務は発生します。

借金の返済と同じことではないかと思うかもしれませんが、扶養義務は収入が少ない、貯蓄がほとんどないなどの理由で拒否されることがほとんどです。親子の情により助けてくれることもあるかもしれませんが、むしろ親子関係の悪化に繋がる可能性のほうが高いということを覚えておきましょう。

借金取りが取立てに来たら、断固たる姿勢で断る

親であれ子であれ家族への取り立ては違法なのですが、それをわかって金融会社はあえて取り立てにやってくることがあります。 これは、法的な義務を問うものではなく、道義的に「子供のツケは、親が払うものだ」と感情の部分に訴えてきているわけですね。 基本的には、「本人でないため対応しない」と断る姿勢を貫いていいと思います。 ただし、断ることによって子供(債務者)の立場が危なくなる、もしくは身の危険が生じるという場合は、慎重な対応が必要になります。

特に対応を慎重にしなくてはならないのは、闇金などから借りている場合です。 ヤミ金の場合は、そもそもが違法行為を行っているため、取り立てそのものも違法であるかどうかなど気にすることなく行います。 相手は取り立てのプロですから、素人がどうあがいても勝ち目はありません。

実際に暴力を振るわれるケースは少ないです。精神的に追い詰めて、支払いを迫るというものがほとんどです。 闇金の返済は法律家へ。暴力など、身の危険を感じたら警察に相談しましょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ