借金を理由に離婚できる条件

夫が多額の借金をしていたり、何度も借金を繰り返す。それを理由に離婚することができるか。答えは「No」です。とはいえ実際に借金を理由に離婚している夫婦がいますよね。なぜ借金を理由に離婚ができないのか、どうすれば離婚になるのかについて説明します。

ものすごく単純なことですが、夫婦双方が「離婚したい」という意思を示せば離婚することは可能です。これは借金があってもなくても同じことです。夫に借金があり妻は離婚したいと考えている。夫も何らかの理由で離婚したいと考えている。そのような場合は離婚成立となります。

借金を理由に離婚できない理由

まず借金というのは「個人」が負うもので生活に必要なお金の借金でなければ、夫の借金が妻や家族になんら関係しないということが前提にあります。

夫の反対で調停離婚が成立しなかったとき裁判になるのですが、法定離婚原因は次の離婚原因がなくてはいけません。

  1. 不貞行為
  2. 悪意の遺棄
  3. 3年以上の生死不明
  4. 回復の見込みのない精神病
  5. 婚姻を継続しがたい重大な事由

借金での離婚となると、5の「婚姻を継続しがたい重大な事由」になるかどうかが焦点になるのですが、借金があるだけでは、それは個人の問題であるために「婚姻を継続しがたい重大な事由」には当たらないと判断されます。

個々の事情は裁判官が判断しますが、理由が「借金」だけでは離婚できないことがほとんどです。ただし、借金を原因としその結果として、夫婦生活が破綻していた場合は離婚が認められます。

離婚できたときの養育費や慰謝料

借金が原因で離婚した場合、夫に借金の返済能力があり、さらに金銭的に余裕が有る場合は慰謝料を請求できますが、まず期待できないと考えてください。慰謝料を払えるような状況であれば、そもそも借金をすることもなかったはずです。また、慰謝料を請求しても、夫が自己破産してしまった時点で、慰謝料は免責になるため妻が慰謝料を受け取ることはできません。

養育費に関しては状況が少し変わってきます。親は離婚しても子どもが離婚前と同じ生活を維持させる義務があります。夫に借金があってもまず再優先で養育費を払う必要があります。夫には借金があるため、養育費の支払いを渋ることがありますが、強制執行という手段を使うことで、夫の給料を差し押さえることができます。

借金だけを理由に離婚することはできませんが、借金が原因で夫婦生活が破綻している場合は離婚できることがあります。その場合の慰謝料はあまり期待できませんが、請求することはできます。養育費は親としての義務を果たすという意味で借金の有無に関わらず、収入に応じて支払うべきものになりますので、子どものためにも請求するようにしてください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ