夫が勝手に作った借金



なんで、借金だけ残して死んじゃったのよ! そう叫びたい気持ちですよね。実際に叫んだ方もいるんじゃないですか? 自分と子供残されて、どうしようかという大事なときに、多額の借金が行く先をたち塞ぐというのでは、目の前が真っ暗になりますよね。

「夫が借りたものだから当然返すべき」 これから女手一人で生きていかなければならない上に、多額の負債を抱えるとならば、とても心細いと思います。

旦那の借金は、元嫁が返す義務はありません。 というのも、夫が死亡してしまった場合夫の財産は、妻を含む法定相続人が相続することが民法により定められています。

この「夫の財産」は不動産や株式など、いわゆる資産だけを指すものではありません。 負の遺産、すなわち借金や商売上の買掛けなども含みます。 そして相続人は「夫の財産」を相続するかしないかを選択することになります。

相続を承認するか、相続を放棄するか

相続が発生したときに相続人である妻は、単純承認か限定承認、もしくは相続放棄の3つから選ぶことになります。 一般的に「相続する」ということは単純承認のことで「夫のすべての財産を引き継ぐ」ことになります。 借金を含めた財産を計算したうえで、借金があったとしても、その合計がプラスになる場合は単純承認を選び、精算をすることで借金を返済するとよいでしょう。

相続放棄をすればマイナスの財産を引き継ぐ必要がなく、夫の借金に対して妻の返済義務はなくなります。ただし、相続放棄は夫が死亡したことを「知った日(死亡した日ではない)から3ヶ月以内」に家庭裁判所に申述しなくてはいけません。これを忘れると妻に返済義務が発生するので注意が必要です。

限定承認は夫の債務の総額が不明で、もしかしたら財産がプラスになる可能性があるときに行います。 夫に借金があっても、財産全体でみたときにプラスになることがあります。 その場合借金があるからとすぐに相続放棄を行うと結果として損をする場合があります。 そうではなく、夫から引き継いだプラスの財産の範囲内で借金を受け継ぐことを申述することで、妻を含む相続人が負債のみを抱えるということを回避できます。

限定承認・相続放棄をするときの注意点

限定承認を行うときには相続人全員で手続きを行う必要があります。 限定承認を行うには相続人のすべてが限定承認を行うか、相続放棄を選ぶ必要があります。そのうえ限定承認は非常に複雑な手続きが必要になるため、よほど大きな財産が入る可能性がある場合を除き、相続放棄か単純承認を行うのが一般的です。

気をつけなくてはいけないのは妻が相続放棄を行ったとき、相続権が夫の両親に移るということです。妻に借金の返済義務がなくなっても、夫の両親が相続を行ったときは、夫の両親が夫の借金を返済する必要があります。夫の借金の返済義務を完全になくしてしまうには、夫の兄弟や姉妹を含めた相続の権利があるすべての人が相続放棄を選ぶ必要があります。

また、夫が誰かの保証人や連帯保証人になっていた場合は、その保証人という立場も相続の対象になります。夫が死んでしまった場合、保証人や連帯保証人になっていないかの確認は忘れないようにしましょう。思わぬところで借金の返済義務が発生することになりますので、書類などが残っていないか必ず確認してください。

説明が少し複雑になりましたが、「夫が借金を残して死んでしまったら、相続を放棄することで妻の返済義務はなくなる」このことだけは頭に入れておきましょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ